未分類

キロロスの飲み方を解説!飲むタイミングはいつがベスト?

この記事では、キロロスの飲み方を解説しています。

今人気のダイエットサプリ、キロロスも正しい飲み方をしないと効力が発揮できなくなります。

脂肪抑制効果を最大限発揮するためにキロロスの正しい飲み方を実践して、ダイエットの成果を出しましょう!

キロロスの飲み方で意識すべき5つのポイント

キロロスのダイエットに対する効力を最大にするために、正しい飲み方を解説します。

せっかく飲むんだから体に安心で、かつ一番効果が期待できる飲み方を知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

飲み方のポイント①:飲むタイミングを食前30分前にする

キロロスの飲み方のポイント①は、飲むタイミングを食前30分前にすることです。

これは胃の初期消化が始まる頃に、脂肪抑制に効果が期待できるキロロスを投入するという考え方に基づいています。

食べたものが脂肪に変わるのにちょっと時間がかかるから、事前に飲んでおこうね、ということでしょう。

朝食なら朝起きてからすぐ飲む、夕食なら帰宅してからすぐ飲むなど、生活習慣に合わせてルーティン化すると忘れずに実践できるのでおすすめですよ♪

飲み方のポイント②:毎日継続して飲む

キロロスの飲み方のポイント②は、毎日継続して飲むことです。

このダイエットサプリキロロスは、すでについた脂肪を減少させるのでなく、今後の脂肪増加を防ぐもの。

つまり飲んで終わりではなく、飲み続けて脂肪を増やさない状況を作りながら、自然に脂肪が減っていくということで効力を発揮します。

毎日継続して飲んで、脂肪の増加を徹底阻止していきましょう♪

飲み方のポイント③:3か月以上は続ける

キロロスの飲み方のポイント③は、3か月以上は続けることです。

毎日継続して飲むことは大切ですが、1週間程度で効果が期待できるわけではありません。

公式サイトの臨床試験結果によると、12週間の摂取で効力を発揮することが分かっています。

またTwitterの各種SNSを見ても、1~3か月程度で体重が減ったという人がほとんど!

気長に3か月以上は続けるつもりでいた方が良いでしょう。

飲み方のポイント④:水かぬるま湯で飲む

キロロスの飲み方のポイント④は、水かぬるま湯で飲むことです。

キロロスの機能性表示に関わる成分はエラグ酸ですが、余計な反応を起こさせないために、シンプルな飲み物で飲むのがおすすめ!

お酒やジュースで飲んでしまうと、その分のカロリーもありますもんね。

脂肪抑制に効果を期待するなら、水かぬるま湯でエラグ酸を投入するのが良いでしょう。

飲み方のポイント⑤:朝食1粒、夕食1粒に分ける

キロロスの飲み方のポイント⑤は、朝食1粒、夕食1粒に分けることです。

キロロスの説明書には「1日2粒」とのみ書かれており、2粒を飲むタイミングは指示されていません。

各種SNSを見ても、いつ飲むのかは個人個人ばらばらのようです。

そこでおすすめは朝食と夕食に分けて1粒ずつ飲むこと!

脂肪増加を防ぐという観点で考えると、朝食と夕食の両方にアプローチしたいですもんね。

常に食に対する意識が向上するので、自然と食べるメニューや量もヘルシーになっていくので、間接的な効果も期待できますよ♪

キロロスの摂取と合わせて行いたい2つのこと

合わせて行いたい2つのこと
  1. 食事制限もすること
  2. 運動もすること

キロロスを上手く活用するために、サプリの摂取と合わせて行いたい2つのことをご紹介します。

せっかく飲むなら最大限の成果が得たい!という人はぜひ参考にしてみてください。

①:食事制限もすること

キロロスを使用するだけでなく、食事制限も合わせて実践するとさらに効果は高まります。

脂肪は増えないどころか、減っていきますので、ウエストなどが痩せていくということですね。

脂肪抑制するからといって食べ過ぎないことも重要なポイントです。

②:運動もすること

合わせて運動をすることも重要!

脂肪はつけない、かつ代謝を上げるということが脂肪の減少に大きく影響を与えます。

有酸素運動も無酸素運動もしっかりと実践して、痩せる力を身につけていきましょう。

キロロスの飲み方についてまとめ

 

  • 効果を上げるためのポイントを守る
  • 食事制限や運動でさらに効果アップ

キロロスのダイエット効果を最大限発揮するための飲み方についてまとめました。

せっかく飲むならできるだけ痩せたいですもんね。

実際にキロロスを飲んで本当に痩せるのか?私が検証してみましたので、ぜひこちらの体験談もご覧ください。

>>キロロスの効果を検証した口コミ体験談