未分類

キロロスは妊娠中や授乳中にも摂取可能?注意点や利用者の声などご紹介!

この記事では、キロロスを妊娠中や授乳中でも使いたい人のために、注意点や適切な量などをお届けしています。

妊娠中や授乳中は、どうしても体重が増加するので、ダイエットをサポートするサプリメントを使いたくなりますよね。

ダイエット効果に定評があるキロロスを活用して、妊娠前の体重に戻したいという人は、しっかり読んでみてくださいね。

まず結論!キロロスは妊娠中や授乳中に使ってもOKです!

先に結論をお伝えしておくと、キロロスを妊娠中や授乳中に使っても基本的には問題ありません。

妊娠中や授乳中に使用していても問題がない、というキロロス利用者の声がたくさんあるからです。

ただし、公式サイトには以下の注意書きがあります。

妊娠中、授乳中はお食事からの栄養摂取を心がけていただきたいと考えております。妊娠中体の状態も普段とは違います。大切な時期ですので かかりつけのお医者様に一度確認をとってみる事をおすすめいたします。

妊娠中や授乳中のキロロスの使用に関しては、まずはかかりつけの医師に相談をしてみることが重要だといえるでしょう。

次からは、キロロスを妊娠中や授乳中に使う際に守るべき3つの注意点をご紹介していきます。

キロロスを妊娠中に使用する際の3つの注意点!

キロロスを妊娠中に使用するなら、必ず注意すべき点が3つあります。

デリケートな時期だからこそ、しっかりこのキロロス使用上の注意点を読んで守ってくださいね。

注意点①:できる限り食事から栄養を摂取する

キロロスを妊娠中に使用する際の注意点①は、できる限り食事から栄養を摂取することです。

特にキロロスは、栄養補助剤ではなく、食欲を抑えたり、脂肪生成を防いだりするダイエットサプリです。

母体が健康な状態でいるためにも、しっかりと十分な栄養を食事から摂取するように心がけましょう。

注意点②:葉酸などのキロロスでは補えない栄養もある

キロロスを妊娠中に使用する際の注意点②は、葉酸などのキロロスでは補えない栄養もあることです。

キロロスは、妊娠中に特に必要な栄養素である葉酸や鉄分を補えるわけではありません。

サプリメントを飲んでいるから大丈夫と思わず、妊娠中に適切な栄養を補うことができる栄養サプリも併用しましょう。

注意点③:胎児の成長のために一定の食事量を欠かさない

キロロスを妊娠中に使用する際の注意点③は、胎児の成長のために一定の食事量を欠かさないことです。

食事量が落ちてしまうと、胎児まで必要な栄養が届かなくなり、成長を促進させることが難しくなるでしょう。

キロロスは食欲を抑制する効果もあるので、明らかに食べすぎである場合以外は、食事量をしっかりと見ながら使用するようにしてくださいね。

キロロスを授乳中に使用する際の3つの注意点!

キロロスを授乳中に使用したい人は、母乳にも気を遣わなくてはいけません。

産後太りを解消したくてキロロスを使ってみたい人は、次から説明する3つの注意点をしっかりと守ってくださいね。

注意点①:ダイエットし過ぎると栄養不足で母乳が出なくなる

キロロスを授乳中に使用する際の注意点①は、ダイエットし過ぎると栄養不足で母乳が出なくなることです。

しっかりとお母さんが食事をとって、母乳に必要な炭水化物・たんぱく質・脂質などの栄養を摂取しなければなりません。

特に授乳中はカロリー消費が激しく、1日700kcalも使いますが、これは10㎞のマラソンの運動量と同等です。

キロロスを飲んでいるからといって、極端なダイエットはしないように気をつけましょう。

注意点②:運動もしないと効果が出ない

キロロスを授乳中に使用する際の注意点②は、運動もしないと効果が出ないことです。

食事制限のダイエットは上でお伝えしたように、控える必要がありますが、運動はしっかりとやりましょう。

適度な運動をすることで、筋肉がつくので、授乳中でも痩せやすい体をつくることができます。

注意点③:お腹が緩くなる人もいる

キロロスを授乳中に使用する際の注意点③は、お腹が緩くなる人もいることです。

キロロスの利用者の中には、お通じが良くなって便秘が解消したという人もいました。

痩せたいからといって、キロロスをたくさん飲み過ぎるとお腹が緩くなるかもしれません…。

授乳中にお腹が緩くなってしまうと、育児にも悪影響が出るため、注意が必要です。

キロロスを産後ダイエットに使用した利用者の声をご紹介!

キロロスを使って産後ダイエットに成功した2人の利用者の声をご紹介します。

産後太り対策で、ダイエットサプリを探しているという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

キロロスは産後ダイエットに効果あり!という利用者の声

年齢/性別 購入前の悩み 評価
30代女性 産後に痩せにくくなった

産後運動をする機会が減り、痩せにくくなったのが悩みでした。

キロロスは、1袋にたくさん入ってるのが良かったです。

サプリ特有の臭みもなく非常に飲みやすかったので長続きしています。

キロロスは、産後ダイエットや肥満防止対策にとても効果があると感じました。

キロロスで産後太りが解消できた!という利用者の声

年齢/性別 購入前の悩み 評価
30代女性 産後太りを解消したい

キロロスは、1日2粒飲むだけでいいので、ズボラな人でも簡単に継続できます。

味もクセがなく、サイズも小さめで非常に飲みやすいですね。

キロロスを使用していると便秘気味だったのがだんだんと改善されていき、お腹がすっきりするようになりました。

運動する時間がなかなか取れず、食事制限も続かなかったのですが、産後太りが解消できて良かったです。

妊娠中や授乳中に服用するときのキロロスの適正量は?

妊娠中や授乳中にキロロスを服用するときの適正量は、1日2錠です。

これ以上の量を飲んでも効果が向上するわけではありませんし、逆に母体に負担がかかってしまうため、おすすめできません。

キロロス2錠は、1つの食事に服用せず、2つの食事のときに分ける方が良いでしょう。

食べすぎが気になる人は、食前に1錠。

脂肪生成を抑えたり人は、食後に服用してください。

しっかりと効果を得たい人は、必ず用法・用量を守って、安全にダイエットライフを過ごしていきましょう。

キロロスの妊娠中や授乳中の使用についてまとめ

 

  • キロロスは妊娠中や授乳中に飲んでもOK!
  • 妊娠中はキロロスに栄養補助を頼らないことが重要
  • 授乳中は母乳を作るために食事量を減らないことが大切
  • キロロスを飲んで産後ダイエットに成功した人もいる

以上のような内容をお届けしました。

キロロスは妊娠中や授乳中にも使える健康サプリです。

ただしデリケートな時期なので、お医者様に相談しながら、注意深く使用する必要があります。

本記事で紹介した注意点をしっかりと守って、理想のシェイプアップボディを手に入れましょう!

キロロスを実際に飲んで試した私の口コミ体験談はこちらの記事で紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

>>キロロスを実施に試した私の口コミ体験談